有機農法のメリットとデメリットをまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有機農法メリット
有機農法のデメリットとメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

メリット

 

健康にいい

 

有機栽培の野菜は栄養価が高いと言われています。

その根拠となる点は、通常の野菜と比較してフェノール系抗酸化物質を65%も多く含むという研究結果が出ている点。

これは農薬を使用しないことで、植物が自分自身を守ろうとし、抗酸化物質を多く作るからだと考えられています。

「抗酸化物質」は、活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は廊下の促進や細胞を傷つける作用を示すため、そのようなことに対する免疫が強くなります。

そのため、健康にいいと言えるのですね。

 

 

化学合成品を摂取しなくて済む

 

化学合成品が人体に対してどのような影響を示すか・・・それは人間があと何百年も生き続けた先に現れるように思います。

そのため、今はいいからということで化学合成品を大量に摂取するのは危険極まりない行為のように思います。科学的には立証などはされていませんが、何となく「危険」と感じることは結構重要のように思います。

 

某ハンバーガー店のハンバーガーを食べ続けた結果1カ月でドクターストップにかかったという事例もありますし、怖いですよね。

日本の有機野菜の特徴として、「3年以上農薬を使わない畑で作った野菜」というルールがあるため、農薬などの人工物がかかった野菜は遠ざけることが可能です。

同時に生産側も大きな利点ですね。農薬を散布中止死亡してしまったという事例もあります。奥さんが農薬を使用すると具合が悪くなるため、有機農法に切り替えたという人も農家の中にはいますね。

 

まあ、有機JAS規定内の農薬は使用が認められてはいるのですが…。

 

 

生物が多様になる

 

これも農薬などが極端に減るために、農場が様々な生物で豊かになります。
これは環境への安全のシルシのように感じます。

確かに、有機農法では窒素が過剰になってしまいそれが環境に与える影響などが懸念されており、特定の項目において、作物の重量換算でいくと慣行農法よりも環境に悪影響を示す場合もあります(面積当たりでは慣行農法の方が影響があるという結果です。)

有機農法はむしろ環境に悪いのでは・・・?という意見も聞かれますが、農場を見ればどっちがいいのか、というのは一目瞭然化と思います。

ま―目に見えない部分での影響も・・・難しいですが、こだわった有機農法ならば断然有機農法の方が環境にはいい影響を与えるかと思います(科学的根拠は薄いけど。笑

 

 

デメリット

 

高価格

 

有機野菜は高いです。

その理由として、農薬や除草剤を使用しない分、人間の労働力という面において手がかかっているため。また、一般的に有機農業は慣行農業よりも面積当たりの収量が少ないと言われています。

そのため、多少値段が上がってしまうのはしょうがない部分なのです。
一般の野菜と比較すると約3割ほど高い価格で販売されていますね。

全体のシェアの量も2%程度と日本ではまだまだ希少価値の高いものになっています。

 
 

スポンサーリンク



 

 

過信しがち

 

これは別の記事で詳しく触れていますが、「有機」というだけで100%大丈夫と信じ切っている面があります。

人間が普段摂取しているようなもので、防除や除草などに役に立つものはないかと現場では試行錯誤がされていますが、中には牛乳を薄めて散布する例もあります。

 

それが飲食できるものであるため行っているのでしょうが、牛乳が腐敗することにより植物にどのような影響があるのかなどはわかりません。タバコを水に浸して散布するという事例もあるようですので、非常に怖いですね。汗

 

また、上記にも記載しましたが有機JASも限られた農薬の使用を認定しています。そういった面も消費者の方は知らない方も多いですし、特定の項目において比較すると慣行栽培よりも官業に悪い影響を示す場合もあります。

そのように、「有機」という言葉でくくられているから100%安心と過信してはいけません。
重要なのは、有機の中でもどのように栽培しているか・・・?

もっと広く言うと慣行栽培でも立派な野菜を作られている農家さんはいます。
そういった部分にも目を向け、きちんと自分で判断できる情報と目を養う必要があります。

 

 

すべての食料を有機農業でまかなうことができない

 

現在の有機農法の収量を考えると、全ての野菜を有機農法で栽培したらまかなうことができないと言われています。

私たちが肉を日常的に食することをあきらめれば話は別なのですが、今の食事を続けていく場合、家畜のえさも含めて供給を全て満たすのは困難であると考えられています。

これはまだまだ技術革新を行い収量を確保する必要があるということでしょう。

 

以上が有機農法のメリットとデメリットです。

他にも多種多様なご意見がありますが、今回はこの辺で。

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ