脱農薬・有機栽培でやさしい家庭菜園を実践するやり方について

 

家庭菜園で有機農業というと、ハードルが高いように感じますが、実は肥料さえ撒いてしまえば実践できる比較的簡単な手法です。

有機栽培として質が高いのか低いのかは置いておいて、化学肥料や農薬の使用を抑えているため、比較的安全性の高い野菜を育てることが可能となります。

自分で作っているならば・・・家族が食べるならば・・・安全性が高いものが良いですよね。

そこで今回は、家庭菜園で有機栽培を実践しているHさんの体験談をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

===========================================

Hさんの体験談

 

皆さんは野菜をスーパー等で購入することがあるでしょう。

その食品の安全性について考えてみたことありますか。

もしも考えたことがないならば・・・あなたにとって衝撃的になるかもしれないことをお伝えしなければいけません。

 

実は日本はトップクラスで農薬の規制が緩い国なんです。

 

工業製品から電荷製品まで日本製のものは質が高いことが世界的に有名です。

そのため、信じられないかもしれないのですが、コレは事実です。

 

大量に安定して形のよい野菜を育てるためには、かなりの農薬が必要となります。

そのため、野菜を食べていると言うよりは、農薬を食べていると言っても過言ではありません。

そのようなものを口にしていては、病気になってしまっても当然なのです。

 

事実、医療現場では「億年」を超える過去の人類の歴史上、出会ったことがない病気が次々と発見され、その対処に追われています。

それが我々が体内に取り入れ化ければ生きていくことが出来ない「食」と関係していない訳がありませんよね。

 

しかし、一般的に安全性が高いと言われている有機栽培の野菜というのは単価自体がとても高く、生活に響いてしまうことは間違いありません。

ですから、なるべく家庭菜園で有機栽培の野菜を作るということが大切になってくるのです。

 

有機肥料を入れて土作りさえを整えれば比較的簡単に家庭菜園で野菜を作ることができるます。

例えばどこかに家庭菜園用の土地を借りた場合に、周囲から農薬を持たないことについてとがめられることもあるかもしれません。

借りた土地で家庭菜園することはとても良いのですが、有機栽培をすることは無理になるかもしれません。

そういった事柄まで考え合わせると、自分の自宅で家庭菜園を始めてみるというのも最も良い方法です。

 

家庭菜園の方法というのはとても簡単です。

有機肥料もホームセンターなどで販売されていますし、ネットのツールがありますから様々な土や有機肥料など購入することができます。

 

例えばナス科の植物などは、同じ部分にまた植えてしまうと育たないことがあります。

これを連作障害と呼びます。

ナスは土地からかなりの栄養分を吸っているいうことです。

ですが、同じ土地を選ばず違う場所に植えればナスを育てることもできます。

 

 

夏野菜はキュウリ、トマト、ナスなど豊富な種類がありますが、これらもすべて有機栽培で作ることができます。

種をただ植えるだけで簡単にたくさんの有機栽培の野菜類を収穫することができます。

プランターで植えるのも良い方法ですが、地植えにした方が収穫率が高くなります。

ですから丁寧に土地を耕ことがとても大切になります。

 

土作りさえ完璧に行なえば有機栽培を実践することができます。

夏野菜ばかりではなくし、冬野菜も収穫することができます。

秋口にはカボチャなども収穫できますし、意外とブロッコリーも種を撒くだけで簡単に収穫できる家庭菜園に向いている野菜だといえます。

 

&nbsp

スポンサーリンク

 

&nbsp

ネギに関しては地盛りという方法を行なければならないので、素人の場合には若干難しいかもしれません。

ですが育てやすい野菜というのはいくつもあります。

ニンジンやカブ、大根なども収穫できますし、冬のお鍋に定番の白菜なども家庭菜園で作ることができます。

 

リーフレタスや玉レタスなども収穫しやすい野菜類です。

ほうれん草なども冬に先駆けて家庭菜園で作ってみると良いでしょう。

有機栽培で作った野菜というのは綺麗に泥さえ取れば、そのまま食べることができるものもたくさんあります。

調理自体もとてもシンプルになりますし、ビタミンやミネラルといった栄養素をスーパー等で購入する野菜類よりも、より多く摂取することができます。

家庭菜園をしていると分かってくることがありますが、それぞれの野菜の種にも種類があり、甘みが豊富なものや栄養素が豊富に含まれる品種というのもあります。

あまりスーパー等では見かけない野菜類も育てることが可能なのです。

 

家庭菜園で大切に育てた野菜類には、実に多くの栄養素が含まれているという現状も知っておくべき。

また、家庭菜園をしたいと考えた時には、果物の収穫も考えてみるべきです。

たとえばオリーブの木を2株購入するとオリーブの実を収穫することができます。

ブルーベリーなども育てやすい果物だといわれています。

 

さらに柑橘類を家庭菜園で育ててしまうというのも良い方法です。

またラズベリーやブラックベリーなども初心者でも育てやすい果物だといえます。

柑橘類も育てやすい果物ですからこちらに挑戦してみるのも良い方法です。

ライムやレモンといった果実を育てると蜂蜜漬けにしたり、ドレッシングの中に入れて酢の代わりにしたりと様々な使い方もできます。

香りの良いカボスや、すだち、柚子なども家庭菜園で作りやすい果実類となります。

 

 

ウンショウミカンは初心者でも育てやすいミカンなので、こちらを実践してみるのも非常に良い方法です。

グレープフルーツ、オレンジ類、ネーブル、デコポン、キンカンも育てやすい柑橘類です。

雨や害虫などにも強い、キウイフルーツも育てやすい果物類と言えるでしょう。

また冬に収穫できる果実の中でに最も人気が高いのがりんごです。

収穫までに3年程の時期がかかりますが、それでもトライする価値が非常に高い果実だとも言えます。

 

庭のあちらこちらで見かけることができるびわや柿といった果物も家庭菜園で作れる果実です。

3年という月日も待ち遠しくなります。

イチゴなども家庭菜園で作ることができます。

 

===========================================

 

スポンサーリンク

 

&nbsp

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ