【太陽農法】太陽農産が有機農業をバックアップ!太陽の資材たち!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽農法
今回は太陽農法について紹介します。

しかし、農法って色々あるんですね。笑
様々な農法を調べて行けば共通点など見えてきて、自分の今後につながるかなあと思ったのですが、ありすぎて根負けしそうです。笑

スポンサーリンク

 

太陽農法は有機農法が土台のようです。
家庭菜園にも向けてその資材を提供していますが、がっつりと行いたい農家や団体は「太陽農法への参加条件」をクリアしなければいけません。

 

まずは電話やファックスで連絡を行い、太陽農法の種子や目的をお互いに確認し、書面で契約。そうすると圃場に太陽農法の看板が立てられるのと引き換えに、太陽農法を推進している「太陽農産」がバックアップを行ってくれます。

ちょっと本格的に導入を行う場合は面倒な点もあり、導入する上での強い決意が必要かもしれません。

 

しかし、太陽農法の実践は資材を使用することが主なようですね。

食品工場から排出される動植物性残さ(コーヒー粕、茶粕、豆粕など)が原料になっている有機肥料「太陽の土」を使い、10アールあたり10トン以上を投入することで土づくりを行うことが基本になります。

化学肥料や農薬は基本的に使用しません。

 

また、「太陽の土」と同時に「太陽の水」を使用します。これは薬草エキス入りの水だそうで、播種の十日前くらいに100坪に300倍から500倍程度に希釈した「太陽の水」を20リットル程度散布します。

また、この「太陽の水」は葉面散布材としても活用ができ、活力が増し、病害虫を防ぐことができると言われています。

正直謎な点が多くあるのですが、この資材を活用した有機農法が太陽農法ということですね。導入についても一般的な農法よりもハードルが高い為、なかなか実践をしている農家の感想というのはネットを探しても見つかりにくいです。

 

しかし、バックアップを行ってくれるため、有機農法に切り替えようと思っている方などは思い切って太陽農法に身をゆだねてみるのもいいのかもしれません。
家庭菜園で使用できる資材とかも売っているようですし、おそらくバックアップをしてもらって本格的に取り組むという農家以外は、普通に看板とか立てなくても資材は使用できるかと思うのですが・・・どうなのでしょうか。

ちょっと本当に実践している農家から正直な感想を聞いてみたいところですね。笑

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ