夏野菜に秘められるパワー!かぼちゃは夏野菜だった。野菜の雑学!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏野菜

夏野菜の効能!野菜の雑学!

季節の野菜が秘めるパワーをご紹介します。

スポンサーリンク

 

夏って聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?

暑い。冷房寒い。汗・・・。

 

そんな夏には人が必要としている効果が期待できる野菜が多いのです。季節と一つ野菜は本当にスものすごいバランスで構成されているように感じます。

夏野菜には、トマト、ナス、きゅうり、カボチャ、トウモロコシ、ゴーヤ、枝豆、オクラなどがありますね。食卓にお馴染みの野菜も多いです。

 

夏は暑いです。そのため、身体は火照り熱がこもります。水分をしっかり取らなかったら熱中症、脱水症状を引き起こします。その症状による患者は増加傾向にあり、毎年非常に心配が大きいところです。

 

そんな夏にできる夏野菜には、水分を供給してくれる野菜が多く、火照った体を冷やしてくれます。そして、利尿作用に効果を発揮すカリウムなども多く、身体の循環が非常に高まります。四季の中で、最も代謝が高まる季節ですので、水分をとり体の循環作用を高め、体の毒素を排出するのはたいせつです。これは室内に入ると涼しい環境が整っている現代では、体温調整としても効果があるため、非常に重要です。

ちなみに、春野菜は冬に溜め込んだ毒素を排出しやすい効果のある野菜が多いんですよ。

 

夏は暑いとともに日差しが強いですよね。強い日差しで不安なのが紫外線。夏野菜は紫外線による酸化作用に強いポリフェノール類やカロチノイド、ビタミンCやEなどが多く、強い日差しのダメージを軽減してくれます。

では、いくつか夏野菜を紹介します。

 

トマト

shutterstock_22019500

 

トマトは代表的な夏野菜です。含まれる栄養素はカロチン、カロチンの一種のリコピン、ビタミンC、E、カリウムなどがあります。

トマトと聞くと、ちょっと前に「トマトダイエット」が流行りましたよね。トマトジュースが転倒から無くなってしまうほどそのムーブメントは高まりました。そのムーブメントが起こったのは、「13-oxo-ODA」というリノール酸が含まれているということがわかったからでした。

これは、肝臓で脂肪燃焼に働くたんぱく質が多く作られる効果があるため、「ダイエットにいい」という触れ込みになったのですね。実際痩せれた人いたのでしょうか・・・?笑

 

また、あまり知られていないかもしれませんがお酒を飲む際にトマトを食べると、血液中のアルコール濃度が3割程度低下するという実験結果がでているそうです。これは居酒屋でのトマトが入ったサラダの注文が増えそうな情報ですよね。

そして、トマトの代表的な成分はやはりリコピンではないでしょうか。リコピンは体内の活性酸素を除去する作用があり、その効果はβカロチンやビタミンの何倍もあると言われています。活性酸素は体内で細胞を傷つけたりして、病気や老化のもとになります。

そのため、アンチエイジング効果も期待できるのですね。

 

スポンサーリンク



 

かぼちゃ

kabotya

 

秋野菜かと思われがちなかぼちゃ。実は私もそう思っていまして、少々驚きましたのでここにピックアップしました。収穫時期が7月から12月と長期的なのですね。

カボチャが持つ栄養素には、カロチン、ビタミンC、E、食物繊維、カリウムなどがります。「冬至に食べると健康にいい」と言われているように栄養価は高いです。夏野菜ながら、常温で保存しておくことで甘さなどの食味の向上と、栄養価が高まります。

ビタミンC、E、カロチンの三拍子が特に効果的で、美容いい、老化防止、免疫力向上、がん予防にいいと言われています。

 

 

きゅうり

kyuuri

 

トマトと並んで夏野菜の代表的な存在がきゅうり。

その栄養素には、ビタミンA、カリウム、カルシウムなどがあります。水分が他の野菜に比べて多いというのも非常に特徴的ですね。96%が水分と言われています。笑

 

そのため、水分だけで栄養価的にはカッスカスというイメージが長く持たれていました。しかし、カリウムを含むことで余分な塩分を排出し、利尿作用があるため、水分と共に摂取できるというのは抜群な組み合わせであったりもします。

何気に抗酸化作用もあり、ガン予防にもいいと言われています。

こうした特徴と共に、生で簡単に食べることができるようなところも魅力的ですね。私はきゅうり+夏のイメージはジブリ映画のトトロですね。

d08c207chttp://matome.naver.jp/odai/2140540214672115101/2140540549175533803参照

 

このシーンがめちゃくちゃきゅうりおいしそう。笑

 

これを夏に放送したらちょっときゅうりの消費量が上がるのでは・・・?と思うほどにおいしそう。実際に家庭菜園できゅうりを作った時に、その場でもいで食べたのですが、マヨネーズとかいらない美味しさ。そして、何か生き物をいただいているような感じのエネルギーが染み渡るような充実感を感じました。

きゅうりだけではなく、夏は外で野菜をもぎって食べるには非常に最適な環境です。是非、食卓だけではなく、畑でもどんどん野菜を食べてその感動を共有できるような人が多くなると嬉しいですね。

 

 

夏野菜で栄養素が高い野菜と言えば、明日葉!


以上が夏野菜に関する豆知識!

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ