固定種とF1種の違い!欠点や利点とは?種を制する者は世界を制す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f1種
今回は固定種とF1種についての話。

スポンサーリンク

 

 

固定種

固定種とは、「固定された形質が親から子へ受け継がれる種」のことを言います。
つまり、親として「いいもの」を選んで選抜淘汰していき、その「いいもの」を遺伝的に固定していき、安定したものを栽培していくということです。

日本の農業の歴史もほとんどが固定種が使用され、各地域によって様々な形や味のある野菜が作られてきました。

それが、「京野菜」などの伝統がある個性を持った野菜として強く根付いていますね。

 

固定種の利点と言えば、遺伝的に固定されているため、自家採取が基本的に可能であること。種を取って、それを翌年植えたら同じような野菜が採れるでしょう。種を取った個体は立派に育ったものを選べば・・・ですが。笑

また、生育がバラバラなため、家庭菜園に向いています。一気に育って、それが同じスピードであった場合、家庭菜園では結構困りますよね。仕方ないのでご近所さんに配ったりするので、付き合いはよくなるかもしれませんが。

 

これは同時に欠点でもあります。つまり、野菜を生産している農家からしたら一気に育ってくれて出荷時期が把握できるものの方が栽培計画が立てやすいのですね。
生育がバラバラで、いつまでも畑に植わっていると次のサイクルに移行できず大変です。

また、欠点としては、長期にわたって形質を固定し過ぎたため、遺伝子がホモ化して生命力が衰えてしまい、種の採取量が減少するということが上げられます。

こうなってしまうと、選抜をせずに全てから種取りを行うなど少し遺伝子を交配させてやるなどをして品種の生命力を復活させてあげなければいけません。
人間でいうと、旧家や資産家が財産の分配を懸念し、近親婚をすることによって子供ができにくくなるという現象に似ていますね。

また、選抜の作業も厳密にいえば素人には難しい作業かもしれません。
まあ、しかし家庭菜園ならば選抜作業さえもゆっくり学んでいき、この個体から採取した種で来年はどんなのができるか・・・などを楽しみながら行えばいいかと思います。

 
 

スポンサーリンク



 
 

F1種

F1というのは、生物学用語で、first filial generationという意味で、交雑によって生まれた第一代目の子を意味し、日本語では「一代雑種」とか、「交配種」などと言われます。

固定種を徹底的に遺伝子の混ざりけを排除してピュアなものを作り出し、それに全く形質の違う別のピュアなものを掛け合わせることで、両親とは全く違うそれぞれのいいとこを取った個体が誕生します。

これがF1種。

 

利点は、上記に書いた固定種の欠点である純血による生命力の低下がありましたよね。そうして弱ってきた遺伝子を、まったく違った遺伝子を持つ固体とかけ合わせると、一代目の雑種に限って、雑種強勢という現象が発生するんですね。
その雑種強勢によって、病気に強かったり、生育がたくましくなったりするということが上げられます。

その雑種強勢や固定種から取り出す欲しい遺伝子を掛け合わせることで、発芽が一斉に行われ、揃いが良い、均一に成長するなどの利点が上げられ、栽培計画が立てやすく梱包がしやすいです。

固定種とはまるっきり逆な感じですね。

これは生産現場でも都合がよいし、加工などの外食産業でも機械などの規格に適した野菜が手に入りやすいです。また流通に関しても一定の規格の箱に一定量の野菜の量を入れることができて重宝します。

また、種を提供する種苗会社にとっても都合がいいです。

ピュアな親のいいところをとったF1は、それを育てて採取した種を植えても、次の世代にはその形質は受け継がれません。そのため、F1の品種は種苗会社から買い続けなければ生産現場はうまく回らないのです。これはメシウマですね。

F1から種を取って、長い期間選抜を行い採取を続ければ形質は固定していきますが、現場でこのような作業を行う暇はありません。

また、F1の種は種苗会社が一生懸命作り上げたモノ。それは汗の結晶。それをやすやすと無料で使い放題になるのはいかがなものかという風潮もあります。海外では特にうるさく、裁判沙汰にもなっていますね。

 

ですから、同時に欠点であるとも言えます。

「種を制する者は、世界を制す」

なんていう言葉も生まれています。食べ物の根源である種を独占すると、すべての人類はその独占している主に服従するしかないのです。一国家よりも強い力を手にするかもしれません。

また、欠点としてはおいしさの欠如が良く上げられます。しかし、これは一概に言えないところがあります。美味しさというのは人それぞれであるし、味に深みがないのは、「F1種」だからというだけではなく、化学肥料などを使ったりするせいも考えられるからです。

昔ながらの味・・・という点ではやはり固定種の方が勝るのかもしれませんが、最近では味に特化したF1も販売されてきています。

 

 

個人的には、どちらも批判できないと思っています。
しかし、種が牛耳られるという点については非常に怖いなあ・・・と感じます。

何でもビジネスになりすぎてしまうと本当に恐ろしい事態になります。汗

商業用には欠かせないものになっているのですが。

やっぱり私が理想として掲げている自分で食うもんは自分で育てるという世の中にならんかなあ。ハードル高すぎるけど。まあ、そうなってもどこかでたくさん作るという食料基地のような存在は欠かせないですけどね。

あ、「地方野菜」とか「伝統野菜」という表記があっても普通にF1だったりしますから過信しないようにしてくださいね。同じ品種であればいいだけだけらF1でも作れるのですよ。

固定種が市場に出回るのは非常に稀だと思ってください。
種取りしている農家なんて、本当に少ないです。1%いるのかな・・・?という感じです。笑

以上が固定種とF1種のお話でした。

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ