冬野菜には体を温める冬ならではの効果が?野菜の雑学!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬野菜

冬野菜に含まれていた様々な効能をご存知でしょうか?

四季と野菜にはつながりがあり、人間が欲しい効果が旬の野菜には秘められています。今回はその中でも冬の野菜に関して紹介します。

スポンサーリンク

 

冬野菜には、大根・白菜・かぶ・ねぎ・カリフラワー・ほうれん草・小松菜・春菊・ごぼう・にら・みかん、ニンジンなどがあります。

一般家庭の食卓に上がるような野菜も数多くありますよね。こうした野菜のラインナップを見て思い浮かべるのは何でしょうか?

 

鍋・・・思い浮かべませんでしたか?笑

 

冬に暖かい鍋を食べるのはすごく自然なことなのですが、実は鍋に使用される冬野菜には、体を温めるという効果もあるのです。これすごくないですか?笑

それとは対照的に外気温が高くなる夏に収穫出来る野菜は、体を冷やす効果があると言われています。

 

夏野菜に関してはこちらの記事をどうぞ。

このように、野菜の旬には四季折々の特性を備えた野菜が収穫できるのです。

では、冬野菜はどうして体を温めるのでしょうか?これは根菜類が多い冬野菜にその特徴がみられます。地中に進んで生育する根菜類は、自分自身に熱があるため熱い太陽から逃れようとしているのだそうです。

そのため、体を温めてくれると言われているのですね。

 

また、冬野菜に多く含まれているビタミンEは血行を良くする働きがあり、体内のホルモン分泌を調節してくれます。そして、ビタミンCには鉄分の吸収を促進する働きがあり、毛細血管の機能を保ってくれるために血行がよくなるんですね。

このような特徴をそなえているため、冬野菜は体を温めると言われているのです。

 

 

また、美容にいいことでも知られています。

冬野菜に多く含まれているビタミンAは、粘膜の形成に欠かせないと言われています。そして肌のカサカサなどにも影響を与えてくれるのです。そのため、感想が気になる冬には冬が旬の野菜をたくさん摂取するのがいいのですね。

そして冬野菜はβ-カロテン、ビタミンCを多く含んでいます。
ビタミンCは体内でコラーゲンの生成を補佐する働きがあり、美容にも効果がテキメンなのです。

 

 

そして、免疫力向上の働きも期待できます。

上記に記載したようにビタミンAは粘膜の形成に欠かせません。粘膜が強くなるとウイルスの侵入を防ぐことができます。

さらにビタミンCの働きにより、風邪のウイルスが入ってきても抵抗力を高めてくれる働きがあります。

冬は乾燥するし寒いし、ちょっとの気のゆるみで風邪をひいてしまいます。また、乾燥した空気はウイルスの繁殖を助長します。そのような特色のある季節に、免疫力向上の働きがあり、体を温める効果のある野菜が収穫されるというのは、本当に自然の神秘性を感じます。

ではそんな冬野菜の代表的な選手たちを紹介しましょう。

 

スポンサーリンク



 

かぶ

kabu

 

かぶは根である白い部分には消化酵素(ジアスターゼ)、葉にはカロチン、ビタミンC、カルシウムなどを含んでいます。

一口かじるとじわっと水分が広がり、甘みと苦みがやってくるかぶは、冬野菜の代表的な野菜です。葉っぱも栄養を含んでおり残留農薬などの危険性がないものについては積極的に摂取する方がいいかと思います。

かぶは風邪の予防などには最適と言われています。

 

 

ほうれん草

Exif_JPEG_PICTURE

 

ほうれん草は鉄、カロチン、ビタミンC、B1、B2、カルシウム、マグネシウム、銅などを含んでいます。

旬の時期と旬ではない時期ではほうれん草が含む栄養素は段違いであり、特に冬の間、あえてユキノシタで眠らせておいたほうれん草は栄養価が高まり、格段に甘くなると言われています。

 

 

大根

d602076e95

 

大根は白い根の部分には消化酵素、葉にはカロチン、ビタミンC、カルシウムを含んでいます。

大根は個人的に非常に思い入れが強いんです。笑
というのもは、初めて農業の現場で働いた際に、大根を担当することになったのですね。笑

間引き作業の際には、小さい大根をよくかじりながら作業を行っていたものです。その水分の多さに暑い日の作業の際には非常に助かりました。笑

葉っぱは切られて市場に並びますが、お取り寄せなどをしている場合は生産者の方にお願いして葉の部分を残してもらうのもいいかもしれませんよ!

おでんや鍋には欠かせない冬の代表的な野菜の一つです。

 

 

以上が冬野菜の紹介です。

何だか鍋が食べたくなってきますね・・・この記事書いるの真夏だけど。笑

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ