クセモノぞろいの春野菜!そのクセがもたらす効果と特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

haruyasai
春野菜についての雑学を紹介します。
クセモノぞろいの春野菜。冬を越した体が必要な成分を多く含んでいると言われます。

その特徴などを紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

春野菜

春野菜にはアスパラ、新キャベツ、タマネギ、たけのこ、春菊、レタスなどがあります。

春が旬の野菜には、強い香りや独特の苦み、青臭さなどを持つものが多いです。こうした春野菜に含まれている成分として特徴的なものは

  • 植物性アルカロイド
  • ビタミン
  • マンガン
  • 亜鉛
  • ゲルマニウム

などがあります。こうした成分が春野菜の特徴としてそのまま表れてきます。

 

苦味

春野菜には、先ほども記述したように苦味やアクの強さ、青臭さなどを感じさせるような野菜がラインナップしております。

「春の皿には苦味を盛れ」といわれるほど。

こうしたクセのある野菜が多いのですね。つまり春野菜は「クセモノ」揃い。笑
しかし、このようなクセは春野菜の大きな特徴であるとともに、それに付随した効果も期待できます。

この苦味の主成分は、ポリフェノールやアルカロイドといった成分で、体内に対する働きとして活性酸素を除去してくれる働きを備えています。

活性酸素は体内で細胞を傷つけたりして病気の基になる作用をしたり、老化の促進をする働きをします。そのため、アンチエイジングなどはこの活性酸素を除去することを目的としている場合も多いです。

つまり、春野菜はアンチエイジングにもいいということですね。

 

デトックス効果

また、植物性アルカロイドは、腎臓のろ過機能を向上させる機能もあります。こうした効果が見込まれるため、解毒作用の促進、新陳代謝の促進が期待できるのです。

冬はあまり活発に動かず、エネルギーを蓄える時期ですよね。新陳代謝などは夏と比べて低下します。これはただ単に冬が寒いから運動を控えた結果ということだけではなく、人がもともと備えている機能でもあるため、仕方がない面もあります。

そうして溜め込んでいるものは実は、毒素や老廃物も含まれるのですね。
そのため、春野菜をたくさん食べてこうした毒素を排除するデトックス効果もあるのです。

人が欲しい時期に欲しい成分を備えた野菜が自然に供給されるシステムがあるのです。

では、そんな春野菜をいくつか紹介していきます。
 

スポンサーリンク



 

新キャベツ

キャベツ

キャベツは冬にも収穫ができるのですが、春の方が栄養素が高いと言われています。また、アブラナ科の野菜でもあるため、辛み成分が含まれており抗ガン作用なども期待できます。

ビタミンU、ビタミンK、ビタミンCなどが多く、美容にも効果的です。

 

新タマネギ

タマネギ

タマネギの旬は4月と10月です。
タマネギに含まれる硫化アリルは中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし血液をサラサラにする効果があります。

 

アスパラガス

アスパラ

アミノ酸のアスパラギン酸が多く含まれており、免疫力を高める作用があります。また、アスパラギン酸は利尿作用を促進する効果もあり、腎臓の機能の回復に有効的です。

さらに抗酸化作用が強いとされるグルタチオンも多く含んでいます。

 

 

以上が春野菜に関する豆知識。
その季節に合った野菜は、人の体の機能も高めてくれるため、積極的に食べることをお勧めします。

また、旬の野菜はなぜか「美味しい」。笑
体に染みわたるような美味しさを感じることができます。特に収穫したての野菜は格別!是非旬を堪能ください。

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ