【EM農法】有用微生物群を利用し家庭菜園でも実践可能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EM農法
今回はEM農法について紹介します。

肥料やぼかし、堆肥などと言った植物に投与するものとは一線を画するような存在のEMとはいったい何で、何のために使用されているのでしょうか?

スポンサーリンク

 

EM

EMとはEffective Micro-organisms(有用微生物群)の略で、「共存共栄する有用な微生物の集まり」という意味です。1982年に琉球大学農学部比嘉照夫教授によって発表されました。

有用微生物というのは、乳酸菌、酵母菌、放線菌、光合成細菌など我々が一般的に口にするヨーグルトやお酒、漬物に使用されている菌も含まれています。

何ら特殊な微生物ではなく、我々のすぐそばにも存在し、食べるものもあるし、自然界に生息分布している微生物なのです。こうした微生物を自然界から採取し、抽出、培養し複合微生物集団を培養液としたものがEMです。

 

こうしたEMを利用して行う農法がEM農法と呼ばれています。
では、どこに使用しているのか・・・。

それは、堆肥などに混ぜ合わせるのですね。
元々堆肥は、有機物を微生物に発酵、分解差せたものを利用します。そこに人為的にEMを投与し分解・発酵を促進してもらおうということです。

こうしてEM金を混合して撹拌し発酵させたものがEMぼかし肥料になります。

 

 

抗酸化力

その特徴として上げられるのが、抗酸化力。

 

利点

利点としては、抗酸化力が付いた野菜を育てることで、元気な農産物を作る事ができ、農産物が病気にかかりにくなったり、虫の被害が少なくなったりします。

それは農薬を使用しなくても農業が行えるという利点を生み出す可能性があるのです。そのため、有機農法で非常に好まれて使用されています。

 

しかし、まあその効果というのは圃場や環境によってまちまちですが・・・素晴らしい結果を出している農家もあります。

この抗酸化力が強いというのは、野菜を食する人間にもいい影響を及ぼすとされています。人体に存在する活性酸素は老化や細胞をきづつけるなどをして病気を発症する原因とされています。そういったものにより体が酸化していくのを防ぐ効果が期待できるからですね。

抗酸化力が強いので、ものが腐ったり病気になったりするのを防ぐという観点からこのような実験も行われています。

 

スポンサーリンク



 

実験

こちらの実験結果は http://www.hondanojo.com/jikken.htmからの引用になります。

こしひかりを使用した実験なのですが、一方がEM農法により栽培されたモノ。一方が慣行農法で栽培されたモノ。

 

その両者を水に入れてよくかきまぜ、数週間置いた結果が以下のような画像。

jikken22

http://www.hondanojo.com/jikken.htm引用

 

こういった実験は結構行われており、「奇跡のリンゴ」の木村さんを広く広めるきっかけとなったナチュラルハーモニーの河名さんは自然農法で栽培された野菜は腐らず枯れたり、発酵すると言っています。

 

実際、腐らずに発酵が行われ、何年もほったらかしの木村さんのリンゴジュースはほのかにワインのような風味が出て普通に飲めるそうです。木村さんに関してはいろいろよくない噂もありますが・・・。

EM農法の場合、抗酸化力も強く、有用菌が占有していて腐敗しないそうです。その結果が上記の画像ですね。

 

人工的に様々な化学物質が投与されている場合、腐敗現象が見られるそうです。防腐剤などをぶっかけられている場合は腐らないですが・・・それも怖い。汗

上記の実験をおkなっているホームページでは、他にも、水に浮かべて浮き沈みを見たり、葉っぱが左右対称であったりと興味深い比較対照を行っていますので、気になった方は見てみてください。

 

 

以上がEM農法。
科学的根拠は薄いということも言われていますが、有用な微生物を投与することで、有機農法において無農薬で栽培ができるというのは非常に心強い味方になりますね。

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ