「植物の仕組み」の記事一覧

農業の分析には必須になってきている電気伝導度(EC)とは?

電気伝導度

農業において、電気伝導度(EC)という一つの指標があります。 これは作物が健康的に育つうえで、かつ環境にいい農業を行ううえで非常に重要なファクターになっています。 では、実際どのような分析が行われており、電気伝導度が高い・・・

硝酸態窒素の問題点と誤解されている点!有機農法でも怖い!

硝酸態窒素

植物・・・とりわけ土壌などに関する研究は本当に未解明な部分が多く、現代を生きる人間にとって謎なところは多いです。 その中で、危険視される話が大きく独り歩きしている代表が「硝酸態窒素」。ご紹介します。

亜鉛は植物体内でタンパク合成に関わる超重要な働きをするのだ!

亜鉛

植物における亜鉛の働き! 亜鉛は非常に重要は働きを植物生体内で示します。 人間と同じように必須元素なのです!

植物での銅の働き!光合成の電子伝達に重要!欠乏したくない元素!

銅

近年の研究で、植物における三大要素カリ・リン・窒素だけではなく、他にも量的に必要とする量は三大要素には劣りますが、植物体内で重要な働きを行う元素が多く知られています。 銅もその一つ。 今回は銅のお話。

植物のマンガンの働きとは?葉が黄色くなったら欠乏・過剰のサイン!

マンガン

植物におけるマンガンの働きと欠乏症と過剰症。 微量元素でありながら、重要な働きを示すマンガンの働きを紹介します。人間では「愛情のミネラル」なんて呼ばれているマンガンは、一体どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ