秋野菜の特徴と種類!夏の疲れを改善、冬へ蓄えをする素晴らしき効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋
野菜の雑学!

秋野菜の特徴や野菜の種類を紹介します。

スポンサーリンク

 

秋野菜には。ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ニンジン、レンコン、ゴボウ、チンゲン菜、ブロッコリー、カリフラワー、キノコ類などがあります。

秋は夏の次にやってくる季節です。夏と言えば非常に動きが活発になる時期です。そのため、体力が消費し、体が労費する時期なのですね。また、近年では気温が熱いゆえに冷房などで調整するため自律神経が乱れたり、冷たいものを摂取することで胃腸が冷やされてしまい、身体の不調を引き起こします。

 

 

そんな夏の次にやってくる秋野菜には「体を落ち着かせる」という秋という時期に効果的な野菜が数多くあります。

また、秋の次には冬がやってきます。そのため、秋にはでんぷん質を多く含む野菜・・・じゃがいもなどのいも類は特に顕著ですが、そのような特徴を持っている野菜が多く、冬の寒い時期に備える体つくりに有効的な野菜があります。

さといもやれんこんなどはぬめっとしていますよね。このぬめりが胃腸粘膜を保護する働きがあり、消化吸収能力を高めてくれる作用がります。消化吸収が高まると、各機関に栄養成分がいきわたりやすくなるという利点があります。

 

また、さつまいもにはセルロース、ごぼうにはリグニンといった食物繊維が多く含まれ、便通を改善してくれるというはたらきもあります。食物繊維は腸内環境を整えてくれるのに一役買ってくれるため、体内の体質改善が見込めるのです。

こうした作用で、身体を整えてくれるのですね。では、秋野菜と言われる野菜をいくつか紹介しましょう。

 

 

山芋

photohttp://matome.naver.jp/odai/2136533856065350901参照

 

山芋は晩秋から冬にかけて旬であるため、冬が旬という捉え方もできるのですが、ちょっと飽きっぽい効果がありますので、秋野菜として紹介します。笑

山芋が持つねばねば上記にもあげたように胃腸の粘膜を保護する働きがあり、消化吸収を促進してくれます。

 

また、山芋には2種類の酵素、アミラーゼとジアスターゼが含まれていて、胃に負担をかけずに消化吸収を助けてくれるという働きもあるのです。

まさに疲れた夏を保護してくれるような野菜しい働き。ご飯にかけてするすると食べることもでき、食欲も増加することが期待できます。

さらに、でんぷん質を多く踏んでいるため冬に向けた体づくりにも貢献してくれます。

 

スポンサーリンク



 

ブロッコリー

buroyokohttp://www.sirogohan.com/buro.html参照

 

秋野菜の中でもっとも栄養のバランスがいいと言われているのがブロッコリーです。ビタミン、カロチン、鉄分、食物繊維などを含んでいます。

ビタミンCの含有量はキャベツの4倍程度と言われており、ビタミンAも同時に含んでいるため美容に非常にいいと言われています。

また、ビタミンEも多く含んでおり、健康的な体作りにも貢献してくれます。

 

じゃがいも

29758db87ef855b09730eb5d0a580114984ae6bd_93_2_9_2http://mery.jp/35238参照

じゃがいもは秋野菜の顔ともいえるくらいの野菜かもしれませんね。秋が近づくにつれて新じゃがいもの流通が始まるのを心待ちにしている方も多いかもしれません。
新じゃがを蒸かして、マヨネーズとかバターで丸かじりをしたら、本当に生きててよかったと思えるくらいの感動がありますよね。笑

じゃがいもは、ビタミンB群、ビタミンC、カリウムが豊富です。

 

カリウムは人体内で塩の濃度の調整をしてくれます。水に溶けやすく体外に放出されてしまうため、しっかりと食べ物で吸収することが大切な成分です。

また、ビタミンCはみかんやレモンと同じくらいの量が含まれているそうです。これは驚き。ビタミンCは風邪予防にいいと言われているため、摂取したい成分です。中でもじゃがいものビタミンCはでんぷんに守られているために加熱してもその構造を失わない点があり、そこが果物から摂取するビタミンCとの大きな違いです。

 

また、カロリーがご飯の半分であるのに対して、お腹のモチはかなりいいです。そのため、高カロリーにならずに栄養素を摂取できます。ダイエットなどにもいいと言われていますね。

 

 

以上が秋野菜の雑学。

Sponsor link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ